エクセルで「月日年」と8桁の数値の日付を「年/月/日」の日付形式に変えるには?

画面下方に操作説明のミニ動画(約30秒)があります。

 

エクセルで日付を入力すると、すべて「2017/10/18」という形式になります。

和暦や英語表記で入力しても、セルの中身はすべて「年/月/日」の形になります。

 

エクセルファイルで日付がこんな8桁の数字に、
「10182017」や「20171018」になってることありませんか?

 

基幹システムからダウンロードしたファイルや、CSVファイルでこんなケースがよくあります。

 

特に「10182017」は10月18日2017年という順番になっていて、ちょっと厄介ですね。

 

海外との取引がある企業では、逆に年から始まる日付は少ないかもしれません。

 

このようなスラッシュのない8桁の数字・・

これ 残念ながらエクセルでは日付として扱ってくれません。

 

試しに、セルの書式設定で、日付の表示形式を選んでみてください。
「####################」

こうなって表示されませんよね?!

 

あっ セル幅が狭くて表示できないわけではありませんよ。
データ形式と表示形式が合わないんです。

 

エクセルで日付と認識されるのは
あくまで「2017/10/18」と入力されているデータだけです。

ちなみに「10/18/2017」もダメですよ。
日付のデータとして扱ってはくれません。

 

では「10182017」をどうやって日付に変えるんでしょう?

 

いろんな方法がありますが、今日は「区切り位置の機能」を使って、日付形式に変える方法を解説しますね。

 

8桁の数字で入力されている箇所を列選択し
[データ]タブ⇒[区切り位置]をクリック。
ウィザードが開きます。

 

データのファイル形式を選択してください

のところは
カンマやタブなどの区切り文字・・・

が選択されていると思うので
そのまま[次へ]をクリック。

 

区切り文字はタブが選択されているので
そのまま[次へ]をクリック。

 

データ形式の箇所を変更します。

 

[ G/標準]が選択されていますので
[日付]の所をクリックし選択します。

その横に「YMD」と表示されています。

入力内容の順番が月,日,年ですから
「MDY」に変更しOKをクリック。

 

これで入力内容が
「2017/10/18」に代わり日付として認識されます。

 

ちなみにYMDの意味はこうです。

Y:年(Year)
M:月(Month)
D:日(Day)

 

表示形式のユーザー定義に
「yyyy/m/d」が使われてますよね?

これです。

 

最後に、数値を日付形式に変えるエクセルの「区切り位置」の操作方法をミニ動画にしました!
繰り返し再生される自動再生です。再生時間は約30秒です。

参考にしてくださいね。

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね

Excelで日付の曜日を表示したい時、関数は不要です!

Excel 関数 日付 曜日

Excelで日付の曜日を表示したい

たとえば、Excelの資料で「12/12(月)」と表示したい時、あなたはどうしていますか?

Excel上で「12/12(月)」と入力すると、日付として扱われません。文字データになります。

では日付の形式で曜日を表示したい時はどうするのでしょう?

 

WEELDAYというExcel関数を使う

 

いえいえ。もっと簡単な方法があります!

 

セルの書式設定で曜日を表示できる形式をユーザー定義で設定します。

 

たとえば、先ほどの「12/12(月)」なら
月/日(曜)という形式なので、セルの書式設定のユーザー定義で「m/d(aaa)」を設定します。

 

では「12月12日(月曜日)」という形式で曜日を表示したい時は?

 

〇月〇日(曜日)という形式なので、セルの書式設定のユーザー定義で「m”月”d”日(“aaaa”)”」を設定します。

 

もうおわかりですね。

 

曜日の表示形式は「aaa]です。

曜日を一文字で表示したい時は「aaa」
〇曜日と表示したい時は「aaaa」です。

 

つまり、普通に日付を入力して、セルの書式設定で曜日を表示する設定に変えると表示されます。

難しいExcel関数を使わなくても、簡単に表示できますよ~

 

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね