文系の人にこそExcelに向いている?!

理系のほうが向いているというのはただの思い込み

 

Excel業務改善コンサルタントの小野です。

私は毎月5~8回ほど社会人向けの少人数単発セミナーを開催しています。

 

受講者の方からよく聞く声は

「文系出身なのでExcelに向いてないんです」とか
「数字が苦手なのでExcelに向いてないんです」という言葉。

 

それは逆です!
文系の人、数字が苦手な人、数学が苦手な人にこそ、Excelは向いているんですよ。

機械系が苦手⇒PC苦手・・・Excelも苦手

そうおっしゃる方は、こんな気持ちの構図になっていますよね。

実は私は理系ではなく文系出身です。数学は嫌いではありませんでしたが、特別得意なわけでもありません。

でもシステム開発がとても楽しかったし、今でもExcelで資料を作るのは好きです。

 

実は・・・ 私 ハードは苦手なんです。
パソコンお宅ではありません。

ハードの設定や組み立ては誰かにやってほしいといつも思います。

つまり

機械系が苦手⇒PCのハードは苦手 でも Excelは得意&好き

 

もちろん仕事上、自分で設定もしますし、一般の方よりはPCのハードも自分でいじります。

でも決して好んでではありません。。

 

そんな人でもExcelを十分に使いこなすことができます!

 

Excelは難しい原理原則が不要

Excelを使いこなすためには「Excelにどんな機能があり何ができるのかを知り操作ができればいい」だけです。

Excelが内部でどんな処理を行って計算されるのか知る必要はないですし、難しい原理原則を理解する必要もありません。

 

Excelの「フィルタ」という機能を使えば、簡単に特定のデータを抽出できます。

「フィルタ」で何ができるのかを知り、使い方さえわかれば、使いこなすことができます。

また「おすすめグラフ」を使えば、Excelが手持ちの表から自動で最適なグラフを作ってくれます。

手持ちの表の内容によりグラフの完成具合が変わりますが、それはどのような表なら最適なグラフが作れるかという約束事さえわかっていればいいのです。

 

Excelが自動計算してくれるので文系の数学が苦手な人に向いている!

 

Excelでは難しい計算式を作らなきゃいけないという思い込みをしている方が多いです。

関数は難しいものという勘違いをしている方が多いです。

それはすごくもったいない!

 

「関数」というのは、あらかじめExcelに用意された自動計算式です。

「sum」と書けば指定した範囲を自動で合計してくれます。人間に代わってExcelが計算しますよね。

人間は集計する範囲を指定するだけです。

 

「round」と書けば指定した値を四捨五入して自動計算してくれます。

 

Excelは数学が苦手、計算が苦手な人の強い味方なのです!
だって、難しい計算や複雑な公式を覚える必要はないのですから!

 

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね