Excelを自己流で覚えた人がセミナー受講後にしみじみ語った事

自己流

Excel業務改善コンサルタントの小野です。

ある木曜日の午後7時、私はいつものようにExcelセミナーを開催しました。

セミナーのタイトルは「売上分析が楽になるExcelセミナー【0からのピボットテーブル】

 

  • 受講者の皆さんが質問しやすい人数
  • 私から全員の方の操作の様子がよくわかる

を考え、いつも少人数で開催しています。

私はいくつかExcelの単発セミナーを開催していますが、中でもピボットテーブルのセミナーは人気です。

その日も8名満席でした。

 

みなさん熱心に聞いていただき2時間がアッという間でした。

9時になり講習が終わり、個別の質問も終わるころ、一人二人と席を立ち帰っていかれました。

そんな中、席を立たず最後まで残っていた男性がいました。

 

私が「ご質問は大丈夫ですか?」と声をかけると「大丈夫です。質問はありません」とのこと。

そして男性が話を始めました。

 

「いやぁ 実はぼく  ピボットテーブル使ってるんです」

なぜ男性がこう話したかというと、講習の冒頭、受講者の皆さんに「ピボットテーブルをすでに使っている方はいますか?」と聞いたからです。

その時、その男性はなぜか手をあげていませんでした。

 

男性「実はずっと自己流で使っていたんです」

私「そうでしたか」

男性「今日やった構成比がピボットテーブル内で計算できるなんて知らなくて・・・ ピボットテーブルで集計した結果を新しいシートにコピペして、それに計算式を使って構成比を出してました」

男性「そんなことしなくてもピボットテーブルで簡単に計算できるんですね・・・」

 

私「そうだったんですか・・ それは大変でしたね」

男性「本を読んだりネットで調べたりしてやってたんだけど、やっぱり自己流は限界がありますね」

私「明日から作業が楽になりますね!」

男性「受講してよかったです。ありがとうございました!」

 

男性はそう言って帰っていかれました。

 

私の講座を受けてくださる方は、本当に皆さん熱心な方ばかり。

きっと、目の前の業務に追われ、スキルアップの時間もなかなか取れず、独学で頑張って勉強して業務をこなしていらっしゃったんだと思います。

でもこの男性のように、機能を活かせずに使っている方が多く、とてももったいない・・・

 

私はそんな苦労をされている方を無くしたいのです。

2時間のセミナーを受けていただくだけでも、翌日からの業務の負担が軽くなります。

自己流ではわからなかったことがわかってスッキリし業務が変わるんです。

  • こんなやり方でいいのかな・・・?
  • もっと便利な方法があるんじゃないかな」・・・?
  • もっと作業の効率をあげたいな・・・

そんなあなたの悩み、解決しませんか?

 

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

 

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね