容量と商品名が一緒に入力されている明細を容量別に集計したい

ピボットよくないサンプル

Excel業務改善コンサルタントの小野です。

たとえば、上の画像のように、商品名と容量が一緒に入力された明細表があるとします。

この表を使って容量別に集計するとしたら、どのように作業しますか?

 

 

商品名と容量が、それぞれ項目として分かれている明細表なら、ピボットテーブルで容量別の集計表を瞬時に作成できますよね。

 

でもこの例の場合、商品名と容量が一緒になっているので、容量だけ抜き出すのは至難の業です。

では簡単にできる方法はあるでしょうか?

 

VLOOKUP関数を使う方法がひとつ考えられます。

明細表に商品コードがありますので、別なシートに下記のような商品一覧表があれば可能です。

<商品一覧表>
商品コード 商品名 メーカーコード メーカー名 容量 入り数 売上単価

 

明細表に容量の列を追加します。

そこにVLOOKUP関数を使って商品一覧表から容量を表示します。

 

もし、明細表の商品名を利用するしか方法がないときは、find関数とmid関数を使って分けることができます。

ただし、この2つの関数はよく目にする関数とはいい難いので、少しハードルがあがります。

 

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

       
この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね