Excelで作るの? Wordがいいの?

住所録、名簿、商品一覧表はどのソフトで作ったらいい?

Excelでしか作れない・・・
Wordでしか作れない・・・

これはよくありません。

 

作りたいものによって、使うソフトを変えるのがベストです。

Excel、Wordのどちらで作るのがいいと思いますか?

この場合、どちらが作りやすいか? ではなく、
作った後どちらが使いやすいかで決めたほうがいいですよ。

 

まず商品一覧表はExcelで作ることをお奨めします。
住所録や名簿はWordでも作れますが、作った後のことを考えると、やはりExcelで作ったほうが便利でしょう。

 

なぜ、Excelで作ったほうが便利なのか?

 

それは他のExcel集計表で参照できるからです。

 

商品一覧表には、商品名、商品コード、商品分類名、単価など商品に関する情報が入っています。

VLOOKUP関数を使えば、請求書や売上一覧表などで商品名や単価を参照することができます。

 

これをWordで作ってしまったらそんな活用ができません。
次に住所録や名簿。
これもVLOOKUP関数で参照するのに利用することが多いのでExcelが向いています。
Excelなら、データの並べ替えやフィルタの機能を使って抽出したりできます。

商品一覧表や顧客名簿などは単独で考えず、二重入力を避けて一元管理するために、Excelで作ることをお勧めします。

 

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

       
この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね