エクセルの「データの入力規則」でリスト選択で商品名を入力する方法

エクセルの入力規則でプルダウンリストを活用する

Excel業務改善コンサルタントの小野 眸(おの ひとみ)です。

たとえば上の画面のように、リストを選択するだけで入力できるプルダウンリストを自分で自由に設定してみませんか?

 

これは「入力規則」という機能を使って簡単に設定できます。

 

まず事前にリストに表示する内容を入力しておきます。

リストの内容は縦1列に入力しておきます。

 

リスト選択で入力するよう設定したいセルを選択した状態で、
[データ]⇒[データの入力規則]を選択します。

 

表示された画面の[入力値の種類]の[すべての値]を[リスト]に変更します。

そして[元の値]の欄で先ほど入力したリスト内容の箇所を範囲指定します。

 

設定はこれだけ!

実に簡単です。

 

エクセルのデータの入力規則によるプルダウンリスト設定

エクセルの入力規則を使えばプルダウンリストでの入力が簡単に設定できます。

納品書や請求書の入力内容は売上分析の集計の元となる明細データになります。

一定のルールで入力された内容はデータ標準化にとても大切です。

 

なぜなら、集計や分析には標準化されたデータが必須だからです。

いくらコメントや注意書きで入力の注意を促しても、人はなかなか従ってくれません。

 

注意書きが書いてあっても意味がよくわからなかったり、その重要性を認識していなければ、自分の思うように入力してしまいがちです。

忙しい時間の中で入力作業をしていればなおさらです。

 

簡単に設定できる入力規則。

入力する人にとっても、管理する側にもメリットがいっぱいの機能です。

ぜひ活用してみてくださいね。

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね

ピボットテーブルが使えない一番の理由はスキル不足ではない?!

ピボットテーブル Excel 使いこなす
Excel業務改善コンサルタントの小野です。

あなたはピボットテーブルってご存知ですか?

講習中に同じ質問をすると、聞いたことはあるけど自分で作ったことはなく難しそう・・

と多くの方が答えます。

 

「ピボットテーブル」という名前が難しそう・・という印象を与えているようです。

実は、ピボットテーブルはとっても簡単!

Read more

Excel業務改善コンサルタント 小野 眸(おの ひとみ)。
20年間のシステムエンジニア経験から得た「最適な機能・関数を選択するコツ」と、コンサルタント経験から得た価値あるデータの見極め方を、15年以上の講師経験をもとにわかりやすく解説しています。

「Excel応用力 X データ活用力」の両方を兼ね備えた『ビジネスExcel力』が身に付き、ワンランク上の仕事ができる人材育成に貢献しています。

ブログではExcel業務の改善、Excelスキルアップに関する情報を発信しています。

ご相談やご質問がありましたら、Excel業務改善コンサルタントの小野 眸までご連絡ください。
E-mail:contact★pcgaku.com ★を@に打ち替えてお送りくださいね。

Twitterフォローをお願いします~
facebookのフォローをお願いします~

◆◇Excel実務に特化したExcel解説やスキルアップ情報をメルマガで配信中◇◆
ご購読は無料です。下記からお申し込みください。

ビジネスExcel力を高めExcel業務の効率を30%UP!

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてね